胃に効くサプリメント【4】ストレスが胃にくる理由とサプリメント対策

よく「ストレスが胃にくる」と言う表現がありますが、それは一体どういうことなのでしょう?ストレスがもたらす胃への影響を明らかにするとともに、ストレスを原因とする胃痛や胃の不快感に対処するためのサプリメントを具体的に考えてみました。

ストレスが胃にくるメカニズム

胃に効くサプリメント【1】でも軽く触れましたが、胃の機能は自律神経に支配されていると考えられています。人は過度のストレスを受け続けると自律神経のバランスが崩れ、そのストレスに立ち向かうために、常に交感神経が興奮している状態を持続させようとするわけですが、この交感神経優位な状態は、胃の粘膜保護機能がうまく働かず、胃液による胃の粘膜の浸食を許し、炎症や潰瘍ができやすい危険な状態だとも言えるのです。

もちろん、【3】胃粘膜や胃酸に直接働きかけるサプリメントでご紹介した、胃痛や胃の不快感の元となる胃の粘膜や胃酸に直接働きかけることのできるサプリメント群は、今回のテーマであるストレスを原因とする胃痛、胃の不快感への対処でも有効だと言えます。ただし、それはあくまでも対症療法として有効なのであって、ストレスを原因とする胃痛、胃の不快感の場合には、その根本原因であるストレス自体を緩和・解消しなければ、たとえ炎症や潰瘍が一旦治癒したとしても、再発する可能性は高いと言えましょう。

ストレスに対処するためのサプリメント

  • セントジョーンズ・ワート
  • カヴァカヴァ
  • ビタミンC

ストレスに対処するためのサプリメントには、セントジョーンズ・ワートやカヴァカヴァなどのハーブ系サプリメントが有効だと言われていますが、その点に関しては「 ストレスに効くサプリメント 」で詳しく解説しておりますので、是非そちらを参考にしていただけたらと思います。また、そこでも解説していますが、ストレス対策を考えた時、ビタミンCは二重の意味で必要不可欠な栄養素だと言えますので、胃痛や胃の不快感の緩和・改善を図る場合でも重点的に摂取していく必要があるでしょう。

喫煙とビタミンC

逆に、喫煙はビタミンCを破壊してしまう上に、胃粘膜の血流を減少させてしまうため、ストレスで弱った胃をさらに弱らせてしまう結果にもなりかねません。とは言え、禁煙までしてしまうと、それ自体がまたストレスの種にもなってしまいますので、特に胃の調子が悪い間はなるべく控える程度に抑えておけば良いかと思います。サプリメント逆引辞典では、どうしても煙草をやめられないと言う方のために、喫煙による害を最小限に抑えるための対策を、「 喫煙者のためのサプリメント 」でご紹介しているので、気になる方はこちらも参考にしていただければと思います。

長期化している場合には栄養補給も考えて

また、胃の調子が悪いときは、当然、その消化吸収能力も低下してしまいます。胃の不調が短期間でおさまる場合には特に問題ないのですが、それが長期的に続いてしまう場合には、結果的に全身的な栄養不良の状態を招くことも十分に考えられます。そんな場合には、マルチビタミンやマルチミネラルなどのサプリメントを上手く利用して、効率よく栄養補給をしてあげる必要がありますね。また食後に、消化を助けるための消化酸素類のサプリメントを摂取するのも効果的だと言えます。

このページの先頭へ