胸焼けに効くサプリメント【1】胸焼けのメカニズム

胸焼け胸でなく食道で起きていて、その原因は、その下に続く胃や十二指腸の影響を大きく受けています。胸焼けの予防や改善に効果のあるサプリメントを考える前に、まずはこれらの胸焼けのメカニズムを明らかにします。

胸焼けに効果があるサプリメントを考える前に、まずは胸焼けのメカニズムを具体的に見ていくことにしましょう。

胸焼けは胸ではなく食道で起きている

口から摂取した食物は食道を伝わり、やがて胃に落ちて消化されるわけですが、たとえ胃と食道は直接つながった器官であっても、その内部の環境は全く異なったものです。つまり食物を消化するために、強力な消化酵素や塩酸などを含んだ胃液が分泌される胃には、その胃壁を守るための堅固な防御機能が備わっていますが、食物が通過するだけの食道には通常そのような防御機能はありません。

それを可能にしているのが、胃と食道の境界にある噴門と呼ばれる部分です。噴門は普段はしっかり閉ざされていますが、いざ食道から食物が降りてくると、まるで自動ドアのように開き、食物が通過して胃に落ちるとただちに閉じるようになっていて、通常、一旦胃に入った食物が食道に逆流することはありません。

ところが、何らかの原因により噴門に異常が生じ、その開閉がうまくいかなくなってしまう場合があって、強力な塩酸や消化酵素を含んだ消化物が食道へ逆流すると言う、まさに想定外の事態が生じてしまいます。前述のように胃には胃液から胃壁を守る防御機能が備わっていますが、無防備な食道の内壁は激しい刺激を受け、この時に感じる胸がジリジリ焼けるような感覚が胸やけで、その刺激により食道の粘膜にびらんや炎症を起こす疾患が逆流性食道炎です。

胸焼けの様々な原因

この胸やけが起こる原因には様々なものが考えられます。単純に飲み過ぎや食べ過ぎ、あるいは食後すぐに横になることなど、ちょっとしたことでも噴門が正常に機能せず、食道に胃の内容物が逆流してしまい、食道に炎症を起こしてしまいます。

このような一時的な胸焼けであれば、何ら問題ないのですが、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性や慢性の胃炎、さらには食道がんの初期状態でも胸焼け症状が起こる場合がある他、胃ガンでも食後に胸焼けとげっぷ症状が出ると言われています。特に胃ガンの場合、病状が進行すると食欲不振や吐き気などの症状が続くと言われていますので、胸焼け症状だけでなく、それらの症状が少しでも見られる場合にはさらなる注意が必要ですね。これらの疾患の危険な症状に関しては、「胃に効くサプリメント【1】」で詳しく紹介しておりますので、心当たりのある方は是非そちらも参照していただければと思います。

いずれにしても、このような胸焼け症状が一時的ではなく、長期に渡って持続するようであれば、サプリメントでの対処にこだわることなく、専門医の診察を受診されることをおすすめしておきます。

このページの先頭へ