集中力に効くサプリメント

脳の機能を促進する様々な局面から、集中力を高め、維持するためのサプリメントを具体的にご提案しています。基本的なライフスタイルの見直しを前提に、集中力をアップさせるために必要な栄養補給上のポイントをわかりやすく解説しています。

集中力に効くサプリメント

  • プロテイン
  • βカロチン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンB1
  • DHA

まずはライフスタイルの見直しから

仕事・勉強の集中力が、あるサプリメントを摂ったからと言って増すわけではありません。安易にサプリメントに頼ることなく、まずは基本的なライフスタイルの見直しから始めるべきなのです。

つまり、仕事や勉強の集中力というと、大切な仕事のここ一番って時や、大事な試験の当日のことばかりに気を取られてしまいがちですが、いざその当日になって、ここで紹介するサプリメントを摂取したからと言って、その効果が発揮されるかと言えば、甚だ疑問なわけです。それまで不規則な生活が続いていたり、睡眠不足だったりして生体リズムが崩れ、前日の疲れを持ち越しているような状態では集中力のアップは望めないのです。

一言で仕事や勉強の集中力を高めると言っても、全身のコンディションが良くない場合、脳は仕事や勉強だけでなく、まず身体のコンディション自体を整えようと働きますから、仕事や勉強に対する100%の集中力を発揮することは難しくなってしまいます。

それを避けるには、運動と食事と休養のバランスを取ることが何よりも大切になるわけです。サプリメントの摂取を考える前に、まず、生活のリズムを自分なりに一定に保つように心がけ、仕事や勉強に挑む身体のコンディションを整えることが前提条件だと考えてください。

集中力を高めるために必要な栄養素はコレだ!

その上で、当日はタンパク質を意識した朝食をとります。もし時間がない場合でも、何も口にせずに会社や学校に向かうことだけは避け、プロテイン等のサプリメントや、さらに手軽に摂れる市販の栄養バランス食品でも構いません。

また、集中力を高いレベルに保つためには、脳の唯一のエネルギー源である血中のブドウ糖を適正レベルに維持する必要があります。

仕事中や試験中というシチュエーションを考えると、原則的には決められた時間以外は飲んだり食べたりすることが難しいので、エネルギー・ゼリーなどを利用して糖質をタイムリーに補給し、低血糖状態にならないように工夫することが重要です。

また糖質をエネルギー化するにはビタミンB1が不可欠であることも頭に入れておいてください。現在市販されている様々なエネルギー・ゼリー等のサプリメントや栄養補助食品を選ぶ際は、このビタミンB1が配合されているかどうかがポイントになると言うことです。

さらに、集中力を維持するためには、脳内情報伝達物質を適正レベルに維持し、情報伝達が円滑に行われるようにすることも重要です。そのためには、血液中のタンパク質を常に適正量に保つ必要があります。なぜなら、脳内情報伝達物質の大部分はタンパク質から作られるからです。

また、脳の機能を促進するためには、活性酸素から脳細胞を守り、脳内過酸化脂質の増加を抑える抗酸化物質を摂取する必要があります。

サプリメントで言えば、βカロチンビタミンCビタミンEと言ったところですが、これに加え、脳にある抗酸化の働きを促し、大脳での過酸化脂質の生成を抑制すると考えられているDHAを含んだ栄養補給を心がければより効果的だと言えますね。

このページの先頭へ