鬱に効くサプリメント【1】うつの要因

継続的なストレスが鬱(うつ)の引き金に?!その具体的なメカニズムを栄養面から解説しています。鬱に効果があるサプリメントを考える前に、まずはストレスがうつにどう結びつくのかを知ることから始めましょう!

鬱(うつ)に効くサプリメントを考える前に、まずはその要因から見ていくことにしましょう。結論だけ知りたい方は、この記事を飛ばして「【2】鬱にならないためのサプリメント」、「【3】鬱の症状を和らげるハーブサプリメント」をご覧下さい。

いつの間にか消極的な思考や行動になり、遂には学校や職場に行きたくない、人と会いたくないなどの状況に陥ってしまうことは、複雑な現代社会を生きる我々にとっては、誰しもが経験することだと思います。

しかし、問題は、そんな状況が長く続いた時なのです。そんな時には鬱(うつ)の状態を疑ってみましょう。最近は過剰なストレスから鬱状態になり、非常に深刻な状況に陥ってしまう人が激増していると言われています。

ストレスが鬱の引き金に!悪循環のメカニズム

深刻な悩みやストレスがあると、何を食べても美味しくないものです。これは無意識のうちに身体が敏感に反応しているんですね。つまり、ストレスはアドレナリンの分泌を促し、血管を収縮させて血行不良を引き起こすのですが、そのことは胃腸機能の低下に結びつき、さらには栄養の吸収能力も低下させてしまうのです。

このような栄養不良の状態が続くと、やがて無気力感、脱力感が生じるようになります。そして、それが高じてくると、いわゆる「ついで食い」や好きなものしか食べられない状態に陥り、結果的に食生活のリズムを崩してしまうことになるんですね。そのことはさらなる無気力感、脱力感に繋がり・・・と言うように、悪循環に入り込んでしまうのです。

全身的な栄養状態の悪化は、前述のように鬱(うつ)の状況をよりひどいものにしてしまうため、このまま放置すると鬱病に移行する危険性もあるので、何とかその悪循環に入り込んでしまう前に、早めに対処することが必要になるわけですが、なにしろこの症状は徐々に進行していくため、本人もそう自覚しないままに、ふと気付けばぬきさしならない状況になってしまっていることも多いようです。

このページの先頭へ