味覚障害に効くサプリメント【2】より安全で効果的なサプリ摂取法

味覚障害の改善に亜鉛の摂取は非常に効果的ですが、亜鉛には過剰症などの副作用があるために闇雲に摂取することは危険だと言わざるを得ません。味覚障害を改善するための亜鉛の安全で効果的な摂取方法を詳しく解説しています。

味覚障害に効くサプリメント

  • プロテイン
  • 亜鉛
  • ビタミンE

亜鉛のサプリメントは現在では主に男性の強精剤として有名ですが、味覚障害の症状改善にも有効だと言えます。しかし、亜鉛の摂り過ぎは過剰症の副作用を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

亜鉛の過剰症は1日2グラム以上の摂取で起こると言われていますが、あくまでも亜鉛の許容上限摂取量は、日本の場合30ミリグラムとされています(アメリカでは50ミリグラムの摂取が一般的です)。

マルチビタミンに亜鉛をプラスして追加摂取するような場合には、必ずトータルの摂取量を計算するようにしてください。また、牡蠣(カキ)のように亜鉛の含有量が高い食材を摂る時には、当然その点を考慮する必要があり、場合によってはサプリメントの摂取を控えるくらいの慎重さが大切ですね。

味覚障害を改善するサプリメント対策のポイント

味覚障害の症状改善を考えた場合、タンパク質の補給も必要となってきますので、プロテインの中に亜鉛が含まれているような商品もありますので、効果的に利用すると良いのではないでしょうか。

また、亜鉛の吸収には血中のビタミンEの濃度が適性に維持されている必要がありますので、亜鉛と銅が10対1の割合で含まれているサプリメントが効果的だと考えられています。

ただし、前記事でも説明したように、銅の過剰摂取は亜鉛の吸収を妨げてしまいますので、その点にも注意を払うことが必要になってくることは言うまでもありません。

味覚障害の症状を改善するためのサプリメント摂取の効果は、通常3ヶ月程度で出てくると言われていますので、もしも3ヶ月経っても症状の改善が見られない場合には、あらためて医師に相談することが必要です。

このページの先頭へ