喫煙者のためのサプリメント【1】喫煙による人体への悪影響

喫煙による害についてはその発ガン性ばかりが注目されがちですが、実は喫煙者にビタミンの慢性的欠乏をもたらす面も決して見逃すことはできません。喫煙がビタミンの慢性的欠乏状態をもたらすメカニズムを明らかにしています。

喫煙による害をやわらげるためのサプリメントを考える前に、まずは喫煙による人体への悪影響について詳しく見ていくことにしましょう。

喫煙が人体に及ぼす悪影響については、まず喫煙者の発ガン率が高いことが挙げられます。煙草に含まれるニコチン、タールという有害物質がその主な原因なのですが、さらに悪いことに、これらの悪影響は、喫煙者本人はもちろんのこと、周りの人にも煙草から立ちのぼる副流煙によって及んでしまうということを忘れてはなりません。副流煙の中には複数の強力な発ガン物質が含まれているほか、最近の研究では何とあのダイオキシンまで発生していることも分かってきました。

また、喫煙に関してはその発ガン性ばかりが取り挙げられがちですが、それ以外にも、喫煙によって体内に蓄積されたビタミンCが失われ、やがてはビタミンCの慢性的な欠乏状態に陥ることが分かっています。

具体的な数値を挙げるならば、煙草1本当たり約25ミリグラムのビタミンCが失われてしまうのです。この数字は一見少ないように思われるでしょうが、もし仮に1日に1箱(20本)を吸う人であれば、1日にして0.5グラムものビタミンCが奪われる計算となってしまうのです。

ビタミンCは通常の人で約1.5グラムの蓄積があるのに対し、喫煙によってその3分の1が絶えず失われ続けるわけですね。その上さらに悪いことに、喫煙者はビタミンCの濃度が上がりにくいとも言われています。ですので、たとえ食生活の改善などによって失った分だけを補おうとしても、体質自体が吸収しにくいものに変化してしまうため、このビタミン不足状態を改善することは難しくなってくるわけです。

このビタミンの欠乏という側面は、発ガンという側面に比べると、直接的にはそれほど深刻ではないので軽視されがちですが、ビタミンの慢性的欠乏が引き金となり、皮膚病血行障害が現れたり、やがては免疫力の低下により様々な感染症の原因にもなりうることを考えると、決して見逃すことのできない側面ではないでしょうか。

このような危険にさらされたくなければ、または、大切な家族を危険にさらしたくなければ禁煙あるのみなのですが、一度常習化してしまった喫煙習慣は、なかなか止めるのが難しいのも実情ですね。ならばサプリメントを上手く利用して、喫煙による害を少しでも和らげて行くことを考えましょう。

このページの先頭へ