喫煙者のためのサプリメント【2】喫煙による害をやわらげよう

喫煙による害から体を守るために有効なサプリメントをご提案しています。喫煙習慣のある方は発ガン性のある有害物質を体外へ排出させ、活性酸素を抑制する栄養素をサプリメントを有効に活用して意識して摂取していく必要があると言えます。

喫煙による害を和らげるためのサプリメント

  • ウコン
  • 松葉エキス(クロロフィル)
  • ビタミンA(βカロチン)
  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • セレニウム(セレン)
  • ビタミンBコンプレックス

喫煙による害から体を守るためには、まずは発ガン性のある有害物質を体外へ排出させることができれば何よりですね。ウコンや松葉エキス(クロロフィル)など抗ガン作用のあるサプリメントで対処すると良いでしょう。

また、喫煙による害のほとんどに関与している活性酸素対策をどうするかということが問題になります。活性酸素の増殖を抑えるには、抗酸化作用のあるβカロチン、ビタミンE、ビタミンCなどのビタミン類を、普段から食生活で摂るのがよいとされています。

しかし、食物だけで全てをまかなおうとすれば、野菜や果物を大量に食べなければなりません。このような場合ももちろんサプリメントが役立つわけですが、特に慢性疾患や胃腸障害があったり、生活リズムが不規則な人にはサプリメントによる効率の良い摂取が不可欠ではないでしょうか。

また、体内で抗酸化物質として働くセレニウムセレン)を、これらのビタミン類と一緒に摂取すれば、さらに効果的であると言われていますが、あくまでこれらの抗酸化物質は、どれか1種類だけを摂取し続けても意味がないと考えてください。あくまで複数の抗酸化物質を一緒に摂取することで効果が高まるのです。(前記事でも説明しましたが、特にビタミンCは喫煙により失われてしまいますので、規定量よりも多目に摂取する必要があります。)

一方、喫煙者と非喫煙者を比較すると、喫煙者の方が内臓脂肪の蓄積が目立つという結果が出ていることに加え、喫煙者はたとえインスリンが分泌されても、血糖値が下がりにくいとの報告もありますから、ビタミンB群を効率よく摂取して代謝のアップを図ることも必要だと考えてください。

ただし、あくまでも喫煙に伴う様々なリスクを減らすためには、安易にサプリメントに頼ることでは達成されません。同時に喫煙本数を減らし、最終的には禁煙する以外に完全な対策はないことを肝に銘じる必要がありますね。

このページの先頭へ