低血圧に効くサプリメント【2】生活習慣の改善とサプリメントの活用

低血圧のうちサプリメントで対処しうる本態性低血圧を改善するための、食生活を中心とした生活習慣の改善策や、東洋医学の考え方に基づいた低血圧の治療法とその限界、サプリメントによる対策の有効性について詳しく解説しています。

本記事では、低血圧の具体的なサプリメント対策を考える前に、まずは食生活を中心とした生活習慣の改善について考えてみました。但し、本記事が対象としている低血圧は、あくまで発症した原因がハッキリとしていない「本態性低血圧」に対する改善策であるという点にご注意ください。

心疾患や胃腸疾患、内分泌異常など特定の病気が原因で血圧が下がる「症候性低血圧」の場合は、サプリメントでその症状を抑えることができたとしても、あまり意味がありません。その根本原因である病気を治すことを第一に考えなければなりませんから。

まずは食生活を中心とした生活習慣の改善を!

「本態性低血圧」の症状の改善には、まずは何よりも血液の循環を良くすることが有効だと考えられます。疲れやすいことが原因でつい運動量が減り、食欲不振から栄養の不足を招くことが、結果的にさらなる血液循環の悪化を招いていると考えられます。適度な運動には血圧を適正な範囲にコントロールする働きがありますから、低血圧の人が定期的に適度な運動をすることは症状の改善に非常に効果があると言われています。

また、一般に「本態性低血圧」は、少食で疲れやすく、やせ型で体力のない人、さらには貧血気味で冷え性などの症状を持つ人に多く見られるので、まずは食生活を規則正しくし、栄養価の高い食品をきちんと食べること、そしてバランスの取れた食事をとることが大切ですね。サプリメントに頼る前に、まずは基本的な食生活を中心とした生活習慣の見直しを図る必要があると言えます。

さらに、東洋医学では症状の改善が結果的に病気の治療となるとの考え方から、体温を温めたり、めまいや肩こりを改善するような処方が用いられます。体を温める作用のある食品で代表的なものには、にんにくや生姜、唐辛子などの香辛料や根菜類が挙げられます。これらの食材を積極的に摂取することにより、冷えや肩こりなどの症状の改善を図ることは、結果的に低血圧自体の治療にも有効であると言えるのです。

ただし、少食の人が一度に食べる量を増やしても、下痢をしたり消化不良を起こすなど、逆効果になりかねません。一回の食事で十分な栄養素を摂ることが難しければ、決して無理をすることなく、食事の回数を増やしたり、一品でいろいろな栄養素を含むような調理上の工夫をしていく必要があるのですが、実際の日常生活の中でこれを実践すると、なるとなかなかに難しいものがありますね。

そこで有効に活用したいのがサプリメントなのです。以下の記事にて、低血圧を改善するために有効であると考えられる栄養素を、様々な角度から吟味した上で、当サイトが自信を持ってオススメするサプリメントをご紹介しております。

当サイトがオススメする低血圧を改善するサプリメントをチェックする


このページの先頭へ