ストレスに効くサプリメント【1】ストレスの身体的・精神的影響

ストレスに効果があるサプリメントを考える前に、まずは人がストレスにさらされた場合に受ける代表的な身体的・精神的影響を確認しておきましょう。たとえ「自分は大丈夫」と思っていても、過剰なストレスを継続的に受け続けることは危険です!

ストレスに効果があるとされるサプリメントをご紹介する前に、まずはストレスの身体的・精神的影響から見ていくことにしましょう。

人は誰しも生きている以上、ストレスを避けて通ることは不可能だと言えます。特に現代社会では仕事関係、人間関係、置かれている環境など、ありとあらゆるストレス源が散在していると言っても過言ではないでしょう。

しかし、ストレスは一方で「人生のスパイスである」とも、「人間が生きていく上で適度なストレスは不可欠である」とも言われているように、まんざら悪い面ばかりではないことも事実なのです。自分を取り巻くストレス源といかに上手く付き合っていけるかがポイントとなりますね。

とは言え、あまりにも過剰なストレスに長期間さらされてしまうと、そのストレスを飲酒によって解消しようとし、それが高じて飲み過ぎてしまい、却ってストレスが溜まってしまうことによって、身体的にも悪影響を及ぼすアルコール依存症の状態に陥る危険性や、過食によって解消しようとし、それが身体的にも精神的にも影響を及ぼす過食症に陥る危険性もあります。

また、ストレスは胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こすほか、高血圧症の症状を悪化させる、気管支喘息の誘因となる、糖尿病を悪化させるなど、様々な症状をもたらします。

このような心理的・精神的な要因が原因となって身体面に起こる病気を、総称して心身症と言います。もちろん、こうした心身症の治療には、身体面ばかりでなく、精神面からの治療が必要不可欠となります。

同時に、ストレスによって全身のだるさや疲れ、不眠、動悸、胃が重いなどの症状が現れることがありますが、これらは神経症や躁鬱病など、さまざまな心の病の引き金にもなりかねません。このような場合、身体面での検査を受けても異常は発見されないことが多いと言われています。これも自律神経のバランスの乱れが原因ですので、精神科や心療内科での診察を受ける必要があります。

さらにストレスは免疫力を低下させるため、ガンにもなりやすいとの指摘まであります。自分では全くストレスの認識がない場合でも、体はストレスに対して反応しているケースも少なくないので、ストレスに敏感な方はもちろんのこと、「自分は大丈夫」と思ってらっしゃる方であっても、強いストレスを継続的に感じ続ける状態は非常に危険だと言わざるを得ません。

このページの先頭へ