不眠に効くサプリメント【3】不眠に効果のあるサプリメントはコレだ!

眠りをコントロールするホルモンのメカニズムから、不眠に効果のあるサプリメントをズバリご紹介!また、摂取時の注意や副作用、さらにその対策についても詳しく解説しておりますので、実践される前に必ずご一読ください。

不眠に効くサプリメント

  • メラトニン
  • ビタミンB6
  • マグネシウム
  • 5HTP

それではいよいよ具体的に不眠に効くサプリメントを挙げていくことにします。

不眠に効果抜群!メラトニンの効能

そもそも夜の眠りと朝の目覚めをコントロールしているのは、脳の中心部にあるエンドウ豆ほどの大きさの松果体が分泌するメラトニンというホルモンであると言われています。メラトニンは脳が暗闇を認識すると分泌され、人に自然な眠りを促すと同時に、正常な睡眠サイクルを調節する手助けをしてくれます。ところが中年以降になると、そのメラトニンの分泌が不十分になることで不眠を生ずる場合があるようなのです。そこでサプリメントとしてメラトニンを補給すると効果的だと一般に考えられています。

メラトニンの副作用について

以上のようにメラトニンは不眠に対して非常に大きな効果があり、一部に頭痛や悪夢、軽度のうつ症状や性欲低下などの副作用が報告されているものの、副作用も比較的少ないと言われていますが、注意しなければならないのは、40歳以下の人の場合、メラトニンを常用すると免疫系統に悪影響が出てしまう場合が考えられるのです。そのような場合には、5HTP(5ヒドロキシ・トリプトファン)を活用すると良いでしょう。

また、妊娠中の女性や乳幼児のいる女性の場合、メラトニンによるホルモン補給が胎児や乳幼児にどのように影響するかが未だ明らかでない以上、メラトニンの摂取は控えるべきだと言えますね。

また、イライラやストレスなどが不眠の原因であるなら、気持ちをリラックスさせるために、サプリメントとしてビタミンB6やマグネシウムを摂ることが有効であると考えられます。

このページの先頭へ