便秘に効くサプリメント【3】生活習慣と腸内環境とサプリメント

便秘に効果があると期待されるサプリメントを中心に、食生活を含む生活習慣全般の見直しのヒント、さらに最近注目を集めているプロバイオティクスについても詳しく解説しています。便秘のメカニズムをしっかりと理解してより効果的な対策を!

便秘に効くサプリメント

  • 食物繊維
  • 乳酸菌
  • オリゴ糖
  • ビタミンC
  • セントジョーンズ・ワート

今回はいよいよ便秘に効果があるとされるサプリメントをご紹介していくわけですが、まずは何よりも食生活を含む生活習慣全般の見直しがその前提にあることに注意しなければなりません。まずは規則正しい生活を送り、排便を習慣づけることが便秘解消のための第一歩なのです

食事面では、やはり食物繊維を多く摂ることが一番ですね。ペクチン、アルギン酸、コンニャクマンナンなどの水溶性の食物繊維と、セルロースやリグニンなどの難溶性食物繊維の両方を摂ると効果的だと言われています。

また、腸内には善玉菌と悪玉菌が存在していますが、そのバランスが崩れて悪玉菌が増えることでも、便秘や肌荒れ、湿疹などをはじめ様々な症状が現れてくることは良く知られています。しかし、これを逆に考えてみると、腸内の善玉菌を増やすことができれば、便秘症状の改善につなげることができるという考え方が出てくるわけです。

そこで最近注目を集めているのが、プロバイオティクスと呼ばれる体に有益な微生物とそれを含む食品類です。乳酸菌やそのエサになるオリゴ糖、ビフィズス菌などが一般的で、これは発酵食品の摂取、規則正しい生活、ストレスをためないことなどで増えると考えられています。プロバイオティクスには腸の機能を活性化し、腸内環境を整える働きがあると考えられているので、それによって肌のトラブルを解消し、ガスの発生を防ぎ、さらにはガンを予防するなどの効果が期待されています。

プロバイオティクスで腸内の環境を整えると同時に、食物繊維を積極的に摂り、さらに水分を十分に補給すれば、食物繊維が水を吸って膨らみ、消化管の中を消化・吸収されずに通過しながら、やがて便となって排出されることで文字通りお腹の中の大掃除をしてくれるわけですね。

また、起床時にコップ1杯の水を飲むと、胃結腸反射を起こして朝の排便を促してくれると言われていますし、ウォーキングなどを行って腸の蠕動運動を促すことも重要になってくるでしょう。

一方、ストレス性の便秘に対しては抗酸化作用のあるビタミンCが、そして落ち込んだ気分を解消したり、気持ちを鎮める効果があるとされる、セントジョーンズ・ワートなどのハーブサプリメントが有効だと考えられています。(詳しくは「ストレスに効くサプリメント」を参照してください。)

このページの先頭へ