めまいをサプリで治そう!めまいに効くおすすめサプリメント

ストレスなどの心因性による場合、循環器系の異常を原因とする場合、貧血からくる場合など…めまいの原因別に有効な栄養素を考えた上で、めまいを予防し、めまいの様々な症状や耳鳴りを緩和・改善する、より実践的なサプリメント対策をご提案しています。

それではいよいよサプリメントによるめまいの予防、めまい症状の緩和・改善策を具体的に考えてみることにしましょう。前記事でもご説明したように、めまいの原因には様々あるのですが、主にストレスなどの心因性による場合と循環器系の異常による場合、さらに貧血を原因とする場合が考えられます。まず、そのそれぞれの場合に効果的な栄養素について考えてみることにしましょう。

めまいの原因によってサプリメント対策は異なる

ストレスなど神経性のめまいに対しては、神経の働きを整える効果があると考えられるビタミンB群、特にビタミンB1やビタミンB12が有効だと考えられます。一方、循環器系の異常を原因とするめまいに対しては、循環系、消化系、神経系の働きを促進するなどの働きが期待されるナイアシンなどが有効ですね。

また、貧血によるめまいの場合には、その根本原因である貧血症状を改善する必要があります。そのためには何よりも鉄分の補給が第一なのですが、鉄分の吸収を助けるビタミンC、ビタミンB12、葉酸などが有効だと考えられます。

原因が特定できない場合も…

確かにこのように原因別に場合分けをして考えると、理論的にはめまいのサプリ対策はとてもシンプルです。ところが、実際問題として自分のめまいが何を原因として発症しているかについては、わかりにくい場合もあるのではないでしょうか。

また、例えば慢性的な貧血症状を抱えている人など、その上に仕事上のストレスなどが重なった挙げ句に、めまい症状が出てしまった場合など、複数の要因が複合的に関係して発症しているケースも少なくないと思われます。

当サイトがオススメするめまいに有効なサプリメント

そこで、当サイトがオススメする、めまいを予防し、めまい症状を緩和・改善するサプリメントはこちら。

含有されている栄養素を見ていただけるとわかる通り、先ほどめまいに効く栄養素として列挙した、ビタミンB群、ナイアシン、葉酸、ビタミンCなどがバランス良く配合されているので、まさに複合的な原因で発症しているめまい症状には最適であると考えます。

また、このサプリはからだに優しい食品由来の原料に徹底的にこだわったマルチビタミンで、化学的に合成して作られた合成ビタミンは一切使用されておらず、吸収がとても良いので自信を持ってオススメしています。

貧血症状が強い方は貧血に特化したサプリで対策!

但し、明らかに貧血が原因でめまいを発症している方に対しては、前述のマルチビタミンですと、鉄分などのミネラル分の補給という面で、どうしてももの足りなさを感じてしまいます。そこで、特に貧血症状の強い方に対しては、貧血改善に特化したサプリメントをおすすめします。

こちらのサプリは貧血症状改善に必要な、上質な鉄分をたっぷり補給できるのはもちろんですが、鉄分の吸収率や働きをサポートする栄養素として知られているビタミンCやビタミンB12、葉酸などがバランス良く配合されています。

そしてこのビタミンCやビタミンB12、葉酸は、先ほども述べた通り、めまい症状に有効な栄養素でもありますので、貧血を原因としてめまいを発症している方にとっては、まさに理想的なサプリメントだと言えますね。



めまいに加えて耳鳴りが気になる方には…

また、めまい症状に加えて特に耳鳴りが気になる場合には、前述の神経系の機能維持のためのビタミンB群に加えて、自律神経のバランスを整える効果が高いローヤルゼリーが効果的なのですが、当サイトがオススメしたいのがコチラ。

この商品は、ローヤルゼリーの3倍ものアミノ酸を含むと言われるハチの子を、効率的に吸収されやすいように低分子化(ペプチド化)して800mgも配合されています。さらに耳鳴りの原因の一つとなっている、首や頭周辺の血行不良を解消するイチョウ葉エキス、ストレス対策として最近話題のGABA(ギャバ)が追加配合されています。

自律神経のバランスを整え、首や頭周辺の血行を促進すると同時に、追加配合されたGABAによって精神疲労やストレスを軽減!様々な角度から、つらい耳鳴りの軽減を図ります。

さらに今ならサイトオープン記念として、1ヶ月(30日)分を約半額で購入できる特別モニターキャンペーンが実施されているので、この機会にお試しになってみてはいかがでしょうか。

“初回お試しモニター募集中”【ハチの子800】

もちろん本品は医薬品ではありませんし、先ほどご紹介しためまいや貧血を改善するサプリメントとは、主要な配合成分の重複もありませんので、それらと併用しても問題ないという点も嬉しいですね。

このページの先頭へ