むくみに効くサプリメント【1】むくみの原因と注意すべき症状

むくみに効果があるサプリメントを考えるに当たり、まずはむくみの原因とそのメカニズムを明らかにします。さらに、むくみは様々な病気を原因として発症する場合もあるので、通常のむくみとは区別すべき危険なむくみの症状について解説しています。

むくみは体内に余分な水分が溜まっている状態のことで、「浮腫」とも言われます。むくみに効くサプリメントを考えるに当たり、まずはむくみのメカニズムむくみの注意すべき症状について見ていくことにしましょう。

  • 朝起きた時、顔がむくんでいる。
  • 夕方になると決まって足がむくんでしまう。

これらのむくみの原因は、体内のミネラルバランスに問題があるケースが多いようです。

ミネラルバランスの崩れによるむくみのメカニズム

朝起きた時にむくんでいるのは、体内の水分調節をする腎臓から余分な水分と塩分をきちんと排出できないためだと考えられます。例えば、塩分の多い食事を取った翌日や、アルコールを飲み過ぎた翌日などは、明らかにナトリウムとその他のミネラルのバランスが崩れてしまっているのです。

そもそもナトリウムは細胞外に、カリウムは細胞内に存在してそのバランスを保っていますが、細胞外に存在するナトリウムの量が多くなると、それを薄めるために水分が細胞外に溜まりやすくなり、その結果、むくみ症状となってあらわれるわけですね。

その他の様々なむくみの原因

また、足のむくみは仕事や勉強などで長時間同じ姿勢を強いられたり、下着の締め付けによって血液やリンパ液など体液の循環が悪くなったためであると考えられます。その意味で、脚の筋肉を積極的に使うことがむくみの解消には効果的ですね。脚の大きな筋肉のポンプ作用により、血液や体液の心臓への戻りが促進されるためです。

また、特に女性の場合には、黄体ホルモンが水分を溜め込む性質を持っていますから、生理前や生理中になると特にむくみが酷くなる傾向があるようです。(詳しくは「足のむくみに効くサプリメント」を参照してください。)

むくみ症状は、これらの塩分や水分の摂り過ぎ、運動不足、きつい下着の着用、月経を原因とする場合以外にも、睡眠不足、食品アレルギー、ホルモン剤などの薬の副作用など様々な原因が考えられますが、むくみ症状に加えて次のような症状がある場合は注意が必要です

ただのむくみと片付けないで!注意すべきむくみの症状

全身のむくみに加え、血尿や息切れなどの症状を伴ったり、むくみが何日も続くような場合には、腎臓や心臓、肝臓などの疾患の可能性があるので、安易にサプリメントに頼ることなく、早めに専門医に相談するようにしましょう。

また、感冒後、数日でまぶたの回りを中心に顔がむくんで、さらに尿量が減り、血尿もあるような場合は「急性腎炎」、顔のむくみだけではなく、全身にむくみが広がる場合は「ネフローゼ症候群」、足首から全身がむくみ、さらに息切れが伴うなら「鬱血性心不全」、お腹に水が溜まり、黄疸があらわれる場合は「肝硬変」が疑われます。

特に妊娠後半期の人で、むくみによる急激な体重増加があり、タンパク尿で高血圧の場合は「妊娠中毒症」の可能性が高いので注意が必要です。さらに、20代から更年期までの女性に起こる「突発性浮腫」という原因不明のむくみもあるようです。

いずれの場合であっても、通常のむくみとは違う症状が認められる場合には、生活習慣の改善やサプリメントの摂取では改善は望まれませんので、ただちに専門医の診察を受けるようにしてください。

このページの先頭へ