夏バテに効くサプリメント【1】夏バテの原因と予防の工夫

夏バテに効果が期待されるサプリメントを考えるに当たり、まずは夏バテの様々な原因とその具体的なメカニズムを詳しく見ていくことにします。サプリメントで対処しうる夏バテを見極め、食生活を中心とした生活習慣の改善も同時に図ることが重要です。

夏バテに効果があるとされるサプリメントを考えるに当たり、まずは夏バテの原因を見ていくことにしましょう。夏バテの原因はいくつか考えられますが、おおむね次のようなメカニズムで、人は夏バテに陥ると考えられています。

気温が上がれば、人は汗をかくことによって自らの体温を調節しようとするわけですが、この発汗によって失われた水分を補おうと身体は水分を欲します。しかし、その時に補給する水分が、ジュースなど糖分を多く含んでいた場合、血糖値のコントロールに悪影響を及ぼしてしまい、食欲が正常に働かなくなってしまうわけです。具体的には食欲の低下をもたらしてしまうんですね。暑い夏の間、このようなことを繰り返していると、やがて栄養素不足の状態が長期間続くことになり、いわゆる「夏バテ状態」に陥ってしまうわけです。

そもそも汗は水分ばかりではありません。汗の中には水分の他にナトリウムや鉄分、カリウム、カルシウムなど、人間にとって不可欠なミネラルも含まれているため、大量の発汗によって水分とともにこうしたミネラルも失われてしまうのです。たとえこまめに水分補給をしていたとしても、ミネラルの不足状態は解消されないわけですね。暑い夏には発汗量が増加しますから、外出の機会の多い人、屋外での仕事をしている人などは特にこの発汗への対策が非常に重要になってきます。

また、夏の食事というと、ついつい冷たくてのどごしの良いそうめんやざるそばなどを選んでしまいがちですが、実はこれらは全て炭水化物(糖質)がベースとなっているため、こうした糖質主体の食事に頼る状態が長期間続くと、やがてタンパク質が不足し、これも夏バテに繋がってしまうわけです。

これらの栄養素の長期的な不足によって夏バテに陥る場合には、こまめで有効な水分補給を試みたり、日頃の食生活を改善したり、サプリメントで不足しがちな栄養素を補うことによって夏バテは十分に防ぐことができると考えられます。

しかし、その一方で、冷房で必要以上に冷やされた室内と暑い屋外との出入りを繰り返し、頻繁に急激な温度差にさらされる状態が続くと、自律神経に支障をきたしてしまう危険性が出てきてしまいます。いわゆる自律神経失調症に陥ってしまうわけですね。

自律神経失調症になると体温調節が上手く行かなくなるため、それが原因で夏バテになる人が急増しているようです。この場合には残念ながらサプリメント等で対策することは難しく、やはり根本原因である急激な温度差にさらされない工夫をしていく必要があると言えますね。

このページの先頭へ