口内炎に効くサプリメント【3】こんな時は病院へ!

通常の口内炎の場合には、特に通院する必要もなく1~2週間もすれば自然に完治するのが一般的です。しかし、口内炎の痛みがひどく、食事をとることもままならないような場合、また2週間以上経っても治らないような場合には迷わず病院へ行きましょう。

前記事では、様々な口内炎の種類とその症状について見てきたわけですが、アフタ性口内炎以外の、原因がはっきりしている口内炎の場合は、何よりもその原因を取り除く必要がありますので、早めに内科や耳鼻咽喉科、歯科などで受診してもらうよう心がけましょう。

また、たとえアフタ性口内炎の場合でも、これまでの記事でも説明してきたように、口内炎の大きな原因は身体の抵抗力の低下だと考えられています。ところが痛みがひどくて食事を摂るのもままならないような場合には、抵抗力を高めるための肝心の栄養補給が十分にできない状況に陥ってしまうため、回復どころか悪化してしまうケースも十分に考えられます。

ですので、痛みがひどい時などは無理に我慢せず、専門医の診察を受けた方が良いでしょう。副腎皮質ホルモンの入った軟膏やパッチなどを使用すれば、痛みはかなり軽減されるはずです。

逆にもし我慢できる程度の痛みで、なかなか病院へ行く時間が取れない方でも、アフタ性口内炎なら長くとも2週間程度で完治するのが一般的です。

もしそれ以上たっても治らないような場合には、病院へ行って原因を調べてもらうことが大切ですね。なぜなら、決して数が多いわけではないのですが、糖尿病、潰瘍性大腸炎や尿毒症、ベーチェット病、白血病などの重大な疾患が口内炎という症状となって現れていることもあるからです。

単なる口内炎なのか、他の病気による影響で発症した口内炎なのかは、当然ながら自分で正確に判断できるものではありません。もしもなかなか症状が改善しなかったり、いつもの口内炎とは違う症状が出たような場合には、これからご紹介するサプリメントに頼ることなく、迷わずに専門医に相談してみることが大切ですね。

当サイトがオススメする口内炎を予防し、症状を改善するサプリメントは?


このページの先頭へ