冷え性に効くサプリメント【1】冷え性のメカニズム

冷え性に効果があるサプリメントを考えるに当たり、まずは冷え症状が発症する様々な原因やそのメカニズムを詳しく解説しています。代表的なクーラーによる冷え性のメカニズムをはじめ、最近、冷え性に悩む若い女性が特に増えている理由などなど・・・

冷え性に効くサプリメントを考える前に、まずは冷え症状が発症するメカニズムから見ていくことにしましょう。

もっとも、冷え性発症のメカニズムとして現在様々な要因が考えられていますが、実はそのハッキリとした原因はいまだ解明されていないと言うのが事実なようです。ちなみに西洋医学的には「冷え性」と言う病名は存在せず、単なる体質だと考えられている面もあったりして、冷え症そのものに対する治療法も特になく、軽く考えられがちですが、慢性化すると腎臓の病気や膀胱炎をひきおこしたり、時には不妊症などの原因なる場合もあるので注意が必要です。また、特に女性に多く、更年期になると重症化する場合も多いようです。

冷え性の最も代表的なメカニズムは、自律神経の働きが鈍ることによって末梢の血管が収縮し、身体の隅々にまでキチンと血液が流れにくい状態になっていることが原因と考えられています。クーラーによる冷え性がその代表的なもので、必要以上に冷えた環境に恒常的に晒されていると、やがて皮膚の温度調節機能が働かなくなり、血管が収縮して慢性的に血行が悪くなります。

そして、そのような状態を繰り返していくとやがて自律神経の働き自体が鈍ってしまい、クーラーのない環境でも冷え症状が持続してしまうわけです。さらに偏った食生活や運動不足の状態が続くと、いわゆるドロドロ血の状態になり、血液循環の悪化がさらなる冷え性の重症化、慢性化をひきおこしてしまうと考えられます。

また、最近冷え性に悩む若い女性が特に増えていると言われていますが、その最大の原因が無理な食事制限型のダイエットだと言われています。そのメカニズムを簡単に説明すると、食事制限をして一日に必要な栄養成分をキチンと不足なく摂取ためには、それ相応の知識が必要になるわけですが、多くの人は単にエネルギー摂取量を制限することによるダイエットを試みているのが現状です。

つまり、ダイエットに成功し、たとえ理想の体重を維持できていたとしても、実は慢性的な栄養素不足の状態が続いているケースが多いのです。で、その結果どうなるか?人間の身体は慢性的な栄養不足の状態が続くと、本能的に生命維持に必要なエネルギーの消費である基礎代謝を節約モードに切り替えてしまうのですね。で、それがいわゆる低体温の状態を作り出してしまうわけです。

その他、ホルモンの働きや精神的な要因が関係しているとも言われている冷え性ですが、中には病気が原因で冷えの症状があらわれている場合があるので、そのような場合は安易にサプリメントに頼ることなく、専門医の診察を受けるべきです。【2】では、そんな危険な冷え症状について詳しく説明してみたいと思います。

このページの先頭へ