骨粗しょう症に効くサプリメント【1】骨のメカニズムと骨粗しょう症

骨粗しょう症に効果があるサプリメントを考えるに当たり、まずは骨のメカニズムと骨がもろくなる様々な原因、特に骨粗しょう症の危険性について詳しく解説しています。カルシウムを摂っているから大丈夫!なんて思っていませんか?

骨粗しょう症に効くサプリメントを考えるにあたり、まずは骨のメカニズムを簡単に見ていくことにしましょう。手っ取り早く結論を知りたい方は【5】骨粗しょう症の予防と治療のためのサプリメントを参照していただければと思います。

骨の主成分はカルシウムとリンが結合したリン酸カルシウムですが、そのその他にも、骨がもろくならないように弾力性と柔軟性をもつ接着剤としての役割をするコラーゲン等のたんぱく質やコンドロイチンなどからできています。

ところがその主要成分であるカルシウムは、加齢とともに減少すると言われており、次記事以降で掲げるような特別な原因がない人でも、高齢者になるとどうしても骨がもろくなり骨折しやすくなってしまいます。

その代表的なものが骨粗しょう症で、そのまま何の対策もせずに放置するとさらに症状は進み、ちょっとした転倒はおろか、つまずくことですら骨折してしまったり、時には背骨がもろくなってちょっとした拍子に圧迫骨折などを起こすなど大変な事態になってしまいます。

よく「私はサプリメントでカルシウムを摂っているから大丈夫!」などと考えてらっしゃる方も多いと思いますが、これが必ずしもそうとは言い切れないので注意が必要です。詳しくは後述しますが、いくら必要量のカルシウムをサプリメントで摂取していたとしても、吸収するために必要な栄養素を摂っていなかったり、生活習慣を見直さなかったりした場合には、折角摂ったカルシウムもそのまま排出されていた・・・なんてことにもなりかねません。

また、この骨粗鬆症は加齢によってのみ発症するわけではなく、特に女性や最近の子どもさんに発症する因子が存在するので注意が必要です。次記事では骨粗しょう症において女性が危ないと言われている理由を、そして次に子どもが危ないと言われている因子を具体的に見ていくことにしましょう。

このページの先頭へ