骨粗しょう症に効くサプリメント【2】女性が危ない理由

骨粗しょう症は加齢によってのみ発症するわけではありません。特に最近では若い女性や子供に発症するケースが増えてきていると言われています。今記事では女性が男性よりも骨粗しょう症を発症するリスクが高くなる様々な理由を詳しく解説しています。

骨粗しょう症に効くサプリメント【1】では、骨のメカニズムと、加齢による骨粗しょう症発症のメカニズムを見てきました。しかし最近では、骨粗鬆症は高齢者に限った症状ではなく、若い女性にも増えてきていると言われており、その発症の割合は40歳以上の女性では男性の約4倍にも達しているそうです。

では、なぜ女性は男性よりも骨粗しょう症のリスクが高いのでしょうか?

男性も70才を過ぎるあたりから骨粗鬆症を発症する人が増加しますが、女性の場合は、閉経に伴いエストロゲンという女性ホルモンが激減する時期から、骨粗しょう症のリスクが増加してしまいます。

また出産などでカルシウムを大量に失ってしまうことも原因の一つだと考えられていますし、女性は男性に比して相対的に運動不足な状態にあるため、この運動不足がカルシウム不足を招き、骨の萎縮等の原因となるとも言われています。

さらにより基本的な側面から、もともと女性の方が骨が細く食事量も少ないため、カルシウムの絶対的な貯蔵量、摂取量ともに男性より少ないことも大きな理由の一つだと考えられています。

以上のように女性は、男性に比して骨粗しょう症を発症するリスクが格段に高いと言えますので、少しでも心当たりのある方は、今すぐにでも日常の食生活や生活習慣を見直し、場合によってはサプリメント等を利用して骨粗鬆症対策を講ずる必要があると言えますね。

なお、手っ取り早く結論を知りたい方は【5】骨粗しょう症の予防と治療のためのサプリメントへお進みください。

このページの先頭へ