骨粗しょう症に効くサプリメント【3】子どもが危ない理由

女性は男性に比べて骨粗しょう症の発症リスクが高くなってしまいますが、最近では育ち盛りの子どもたちの骨粗しょう症発症リスクが急増していると考えられています。食生活や生活習慣を中心としたその理由と具体的な対策を詳しく解説しています。

骨粗しょう症に効くサプリメント【2】では、特に女性に骨粗鬆症発症のリスクが高いことを説明しましたが、リスクが高いのは女性だけに限った話ではありません。現在の食生活や生活習慣を観察してみると、育ち盛りの子どもたちの骨粗しょう症発症のリスクも格段にアップしていると考えられ、現に最近の子どもたちは、以前に比べ骨折が多くなっているという統計も出ているそうです。

つまり子どもの頃からファーストフードなどカルシウムやミネラルの少ない食べ物を食べたり、ダイエットと称してバランスの崩れた食事をするなど、まず食生活の面で骨が十分に育ちにくい環境となっています。

また幼い頃から塾や習い事に通い、自由時間には家の中でテレビゲームに熱中する・・・以前のように子どもたちが外を駆け回る姿を、最近ではほとんど目にすることがなくなってきたのではないでしょうか?

過不足のないバランスのとれた食生活も大切なのですが、骨形成においては生活習慣もそれ以上に大切で、たとえ食生活を工夫したりサプリメントを上手く利用して十分なカルシウムを摂取していたとしても、運動不足になってしまうと、せっかく摂ったカルシウムが吸収されにくく骨への沈着も減少してしまいます。

特にカルシウムを骨に吸収するために必要なビタミンDの合成を促すために、毎日少しずつでも太陽光線を浴びるよう心がけるべきですし、屋外で身体を使って遊ぶことで、骨や筋肉を強くし、神経系の発達を促すことが、子どもに増えていると言われる骨粗しょう症対策にはとても大切だと言えるでしょう。

なおサプリメントによる一般的な骨粗しょう症対策に関しては【5】骨粗しょう症の予防と治療のためのサプリメントで詳しく説明しておりますので、そちらを参照していただければと思います。

このページの先頭へ