「胃がんリスク」タグの記事一覧

胃炎による胃粘膜の萎縮が進めば進むほど胃がんリスク上昇

胃炎の発症と治癒を繰り返すうちに、長い年月を経て胃粘膜の細胞が少しずつ少なくなり、やがて胃粘膜自体が薄く、萎縮していきます。今回、スウェーデンの研究により、胃粘膜の萎縮度が進めば進むほど、胃がんの発症リスクが顕著に高くなることが具合的な数値によって示されました。

このページの先頭へ